アーティストとミュージシャンの違い

僕の定義はですね、「アーティストとミュージシャン」、この2つの違いを明確に定義しているんです。

これは僕が音楽活動を初めて、ネットで自分の曲を配信したホームページの1ページ目に書いたことなんですね。

ずっとこの想いでやっているんですけど。

 

「アーティストとミュージシャンの違い」を、僕は、こう思っています。

「ミュージシャンは、音楽家」。

「アーティストは、芸術家」。

そう定義しています。

 

これ、色々な定義があっていいですよ。

ただ僕はこう定義しました。

 

こう思った時に、ミュージシャンって、「音を楽しむ、あるいは音を楽しませる人だな」って思ったんです。

だから、ミュージシャンは、「音楽を目的にする人だ」って思いました。

だから、ライブをすること自体が目的とか、曲を作ること自体が目的、という生き方が、僕はミュージシャンの生き方だと思っています。

 

で、それに対してアーティストは「芸術家」だって、定義したんです。

音楽という芸を術とする人だ、って定義したんです。

そうすると、音楽は目的ではなくて手段であり、ツールだってことになるんです。

アーティストは音楽を手段にする人。

 

一般的にはどう思うかというと、よく思うのは、ミュージシャンが芸術性が高くなるとアーティストになる、その一歩手前はミュージシャン、そんな感じですよね。

そうかも知れませんけれど、僕は逆なんです。

音楽を目的にするんだったら、こちらは技術とかをしっかり追求しなきゃいけないと思っています。

なぜなら、音を楽しむこと、音を楽しませることが目的だから。

 

だけど、アーティストは芸術家だから、音そのものを目的にしてないんです。

それを通して、伝えたいことがある。

実現したい世界がある。

そういったものを持っている人が、アーティストなんですね。

 
df9d144e4091d8bc1b97050ecd6dab2a_s
 

アーティストあしたのために その2

アーティストは「芸術家」、ミュージシャンは「音楽家」

返信する

*
*
* (公開されません)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。