出し切れた。。 これが今回一番思ったことです。(さわとん)

11日(火)のMiUさんの後は、さわとんの3回目のセッションでした。
 
今回はスタジオでのセッションになりましたが、手製のホワイトボード?を持参してくれた準備の良いさわとん。
 
そこにおもむろに大きな円を書いて、「こういう曲にしたいんです」とイメージの解説をしてくれました。
 
 
過去にマインドマップを作って作曲セッションに臨んでくれた人はいましたが、大きな円ひとつで1曲を説明しようとした人はいなかったので、とっても斬新でした(笑)
 
そこからの作曲作業は、作曲というより「設計図づくり」。
 
どんな意味合いの“叫び”を、何小節ずつ表現するのか、ということを書き留めていって、おおよそ「楽譜」というものとはまったく違うものが出来ていきました。
 
 
でも、ふと気付いたのは「これって、ジャズのジャムセッションのやり方と一緒だ!」ということ。
 
小節数やコード進行だけ決めて、あとはお互いのアドリブで音楽を創り出していく。
 
ひょっとすると、ジャズという文化が進化してきた過程を、さわとんは一人のアーティストとして同じ進化のプロセスを体験しようとしているのかも…なーんて思いました。
 
うん、、、えーと、、、さすがにちょっとそれは言い過ぎたかも( ̄▽ ̄)笑
 

出し切れた。。

これが今回一番思ったことです。

前回のセッションから、消えては浮かび浮かんでは消え、自分の頭の中に残ったものを安達さんに伝えることができ、それが安達さんの想像を超えるフィルターを通して形になっていきました。

完成まではもう少し時間がかかりそうですが、もう少し自分と向き合ってみます。ジャズトン!

14680570_1233810166656774_6495895495152082256_n

 
写真はさわとんがバリで買ってきたナゾの楽器(笑)楽器名はわかりません~(^_^;)

▼12/3(土)アーティストフォーラムライブ2016、申込受付中
http://song-letter.jp/artistforum/attend/

返信する

*
*
* (公開されません)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。