安達充、起業について語る

23日(日)に、アーティストフォーラム2016のメンバーでもあるさわ とんの『逆転発想起業塾』のゲスト講師として2時間半のセミナーをしていました。

「安達さんの起業体験を語ってください。あと、これから起業を目指す受講生たちの質問にも答えてもらえたらと思います」

というのが、今回僕に課せられたミッションでした。

 
話の中で軸にしたのが「人生とは、自分とのコミュニケーション。事業(起業)とは、社会とのコミュニケーション。」という言葉でした。

これ、なんとなくスゴイ人の言葉っぽいですが、実はワタクシの言葉です(笑)

というか、僕自身は自分のことを“起業についての専門家”だとは全然思っていないので、自分の得意な土俵である“コミュニケーション”という切り口でお話をした、というところです。

 
「人生とは、自分とのコミュニケーション」というのは、「自分は本当はどんな人間で、何がしたいのかを対話していくプロセスが人生」ということ。

そう考えると、いろいろな出会いや出来事は、人生の側からそれを教えてくれているメッセージなんじゃないかな、と僕は思っています。

そのメッセージをキャッチして、自分の生き方を整えていくことが「自分とのコミュニケーション」ということではないかと。

 
人生をコミュニケーションという目線で切り取るって、実は結構オススメです。

コミュニケーションで一番わかりやすいのは「恋愛」だと思いますが、そう考えると物事が違った視点で見えてきたりします。

たとえば、「本当はやりたいことが別にあるのに、違うことを仕事にする」というのは「本命の異性がいるのに、目の前にいるそんなに好きではない異性と付き合ってる」という風に言えたり…そう考えると面白いですよね。

 
コミュニケーションにおいて大事なことは、「メッセージを持つこと」。

自分がしっかりとしたメッセージを持っていないと、相手のいいなりになってしまったり、誰とも深くつながることができなかったりします。

ちょうどさわとんの起業塾では、「コア・メッセージ」というものを大事にしているそうなので、それは僕も深く共感するところです。

 

こう考えると、「アーティストも起業家も一緒だなぁ」と思うんです。

アーティストフォーラムも、「自分が心の底から伝えたいワン・メッセージは何か?」ということを見ていきます。

ある意味、アーティストフォーラムでステージに立つメンバーは、半年間のプロセスの中で、起業家と同じようなプロセスを経ているんじゃないかと思います。

(アーティストは“自分自身を商品とする起業家”だとも思っています)

 
なので、今回のアーティストフォーラムは、音楽が好きな人、ライブによく行く人だけではなく、起業家や起業を考えている人にもオススメしたいです。

7人のアーティストが、それぞれどんな人生を経て、それをどうまとめて、どんな軸を自分の人生のテーマとして見出していったかを聴くのが今回のライブ。

ただ感動するだけでなく、セミナーよりも気づきや得るものが多い時間になるのではと思います(^^)

【12月3日(土)】アーティストフォーラム2016申込受付中!
http://song-letter.jp/artistforum/attend/

14732405_1243959218975202_9068577560625631284_n

14568038_1243959225641868_7827928491520816975_n

追伸:ちなみにおかげさまで講座は大好評でした。「目からウロコが落ちすぎて心がずっと痙攣しています!」という熱烈な感想をもらったことにこちらが感動でした(笑)

返信する

*
*
* (公開されません)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。