『あしあと』(磯敏則×安達充)

 『ちょいガチ紅白歌合戦』では、白組・紅組のどちらが優勝かを投票で
 決めたりするのですが、それとは別にエントリーした人の中で一人を「MVP」
 として投票する仕組みになっています。

 栄えある第1回「ちょいガチMVP」は、後にアーティストフォーラム2016に
 出場することになる磯敏則さん。

 実は、MVPの人には副賞として、「部長がオリジナルソングをプレゼント」
 することになっています。

 そこで生まれたのが『あしあと』というオリジナルソング。

 磯さんはクリスチャンですので、聖書の言葉だったり、ご自身が大事に
 している教えを歌で表現したいという想いを持っていました。

 ただ、クリスチャンの人だけに響く曲にはしたくない、という想いも同時に
 あったので、「誰が聴いても、それぞれの人が自由に受け取って、
 何か大切なものが届くように」というところにこだわりました。

 その時、一緒に同行してくれたのは、アレンジャーの新島遥さん。

 『お名前50音ソングレター』の全編曲を手掛けてくれた方ですが、
 「ちょいガチ紅白歌合戦」ではいつもコメンテーターとして素敵な
 講評をしてくれて、この時の曲のアレンジも快く買って出てくれました。

 そうして、磯さん、新島さん、安達の3人でピアノの前で試行錯誤
 していました。

 そこでふと、磯さんが用意してくれた資料の中で目に止まったのが
 『あしあと』という詩。

 「このストーリーを、そのまま歌にしてみませんか?」

 と閃き、そこから一気に曲が出来上がっていきました。

 最初に出来たのが、サビの

 「あなたは そばにいる いつでも そばにいる」

 というフレーズ。

 3人でハモりながらこのメロディを歌った時に、ものすごく荘厳で
 神聖な気持ちになったことを覚えています。

 その後、Aメロや前奏・間奏を作って、曲が完成。

 新島さんのアレンジもついて、とても素晴らしい作品になりました。

 昨年のアーティストフォーラムでは、ピアノとのデュオですが
 この『あしあと』も披露したので、ご紹介したいと思います。

 こちらで楽曲を視聴いただけます。

▼『あしあと』(磯敏則×安達充)
 https://youtu.be/LcCzpFLVMhQ

========================

          ~あしあと~

            作詞・作曲/安達充 歌/磯敏則

1.夢の中 歩くなぎさは これまでの 人生の道
  砂の上 二人分 あしあとが 続いていた

  そのことを 尋ねてみると ささやいて あなたは言った
  「いつだって 共にいる ひとりになんてしない」と

  あなたは そばにいる いつでも そばにいる
  あなたは そばにいる いつでも そばにいる

2.つらい時 悲しい時の 道のりを たどってみると
  砂の上 一人分 あしあとが 減っていた

  そのことを 尋ねてみると またしても あなたは言った
  「いつだって 共にいる ひとりになんてしない」と

  あなたは そばにいる いつでも そばにいる
  あなたは そばにいる いつでも そばにいる

3.夕暮れに 涙が宿り 朝明けに よろこび叫ぶ
  砂の上 あしあとに 隠された 意味を知って

  つらい時 悲しい時も 乗り越えてこれた理由は
  「その時に わたしのこと あなたが背負ってたから」

  あなたは そばにいる いつでも そばにいる
  あなたは そばにいる いつでも そばにいる

  あなたは そばにいる いつでも そばにいる
  あなたは そばにいる いつでも そばにいる

========================

返信する

*
*
* (公開されません)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。