「みんなに聴かせたい曲」というより「自分の生き方の宣言」(榎本貴子)

アーティストフォーラム2018の作曲セッション、現在は作詞の方向性を決め、メロディを作る作業を進めています。

今日は、“人生アトラクション部 女部長”こと榎本貴子さんとのセッションレポートです。

※ライブ本番では、1stステージのラストに出演予定です。
 
 
 
冒頭はホワイトボードを使って、どういうメッセージを伝えたいのかの掘り下げから入ったのですが、、、
 
いや〜、降りて来ましたよ!
 
とっておきのモチーフが^ ^
 
 
 
「これぞたーこさん!」という感じですし、テーマカラーの赤もピッタリ。
 
名前にも関係するし、何だったらプロフィール写真も伏線になっていたかも…。
 
ということで、そのモチーフを突破口としてかなり方向性が見えたセッションでした。
 
 
 
彼女もすごいリーダーの資質を持っている人だと思うのですが、僕のように「伴走する」タイプではなく、どんどん突き進んで「背中を見せる」タイプのリーダーだと思うんですよね。
 
今回の曲を完成させてステージで歌ったら、ますますそのリーダーとしてのお役目が発揮されていく気がします。
 
「みんなに聴かせたい曲」というより「自分の生き方の宣言」であり「自分の使命を歌う歌」。
 
アーティストフォーラムにはそういう歌も大いにあっていいと思っています。
 
 
 
そして、ラスト30分は実際にキーボードを弾きながらメロディ制作。
 
これまた、来ました!
 
かなり高度なコード(笑)を使って、たーこさんっぽい曲の展開がバッチリ見えました。
 
 
 
1日経ちましたが、いまだに脳内をメロディが絶賛占領中。。。
 
ライブ当日も、そういう人が続出する曲になりそうです。
 
完成がとっても楽しみです♪

 

アーティストフォーラム2018、9月1日(土)大田文化の森ホールにて開催決定!
チケット申し込みはこちらから。
アーティストフォーラムとは?(初めての方へ)

返信する

*
*
* (公開されません)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。