もう地獄の気分になって、投げやりになりかけたところにいました(笑)(増田浩佑)

今週はアーティストフォーラム2018の作曲セッション第3回のレポートです。

まずは、“癒しのスマイルメーカー”増田浩佑さんのセッション。

※ライブ本番では、1stステージの1人目ということで、トップバッターをお願いしています。

 

第2回セッションを経て、しっかり歌詞を作ってきてくれたまっすん。

ところが、、、セッション途中で一回白紙になりかけるという展開に…。

後日この時のことを「もう地獄の気分になって、投げやりになりかけたところにいました(笑)」と語ってくれました。

 

これが「普通の曲」ならば、そのまま行ってしまったかも知れません。

ただ、アーティストフォーラムは「人生のテーマソング」なんです。

これが、「一生歌い続けられる自分のオリジナルソングなのか?」という次元で考えた時に、「やっぱり妥協は出来ない!」となりました。

 

セッション後、数日経ってまっすんから「歌詞を書きなおしました、見て下さい」というメールが。

それを目にした途端、僕の中でメロディが浮かんできて、一気に曲が出来あがりました。

以下はそれを受け取ったときの彼のメールです。

 

「昨日の夜、最寄り駅が一緒の上司とわかれてからずっとリピートできいて。今と聞いています。

自分でもとを書いた歌詞なのに、ききながら泣きそうになりました(笑)

曲調はキレイな感じ、ちょっとした切なさ、スローテンポじゃない、と個人的な好きな要素ばかりです」

 

苦労した甲斐あって、納得のいく作品が生まれそうです。

1曲1曲にこんな制作秘話があるアーティストフォーラムの曲たち。

ぜひ9月1日(土)はその完成形を聴きに来てもらえたらと思います!

アーティストフォーラム2018、9月1日(土)大田文化の森ホールにて開催決定!
チケット申し込みはこちらから。
アーティストフォーラムとは?(初めての方へ)

返信する

*
*
* (公開されません)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。