3回のセッションで本当に曲って出来るんですね!(山口まち子)

今週はアーティストフォーラム2018の作曲セッション第3回のレポートです。

今日は、“しゅわにすと”山口 まち子さんとのセッション。

※ライブ本番では、2ndステージ2人目に出演予定です。
 
 

第2回セッションで、サビのフレーズが歌詞もメロディも完成していたまち子さん。

残りの部分の歌詞も、そのすぐ後に“降りてきた”らしく、このセッションでは歌詞が完成した状態で臨みました。

ちょうど、「この曲を伝えたい人たち」を3通りの対象で具体的にイメージしてもらったことが良かったようです。
 

歌詞が出来ていれば、そこから曲にするのはソングレターアーティストの得意とするところ。

ワンテイクの即興作曲で残りの部分のメロディも一気に出来て、完成!

出来た時は、「これでバッチリですね!」とお互いに喜び合う感動の瞬間でした。

 

「3回のセッションで本当に曲って出来るんですね!」

というのが、まち子さんのその日の一番の感想でした。

そうなんです。3回で出来るんですよね~。

 

でもたった6時間(2時間×3回)で作っているのではなく、その人の人生全体が準備になっているから、セッション自体の時間が短いだけです。

1曲1曲にその人の人生の足跡が詰まっているアーティストフォーラムの曲たち。

ぜひ9月1日(土)はその完成形を聴きに来てもらえたらと思います!

アーティストフォーラム2018、9月1日(土)大田文化の森ホールにて開催決定!
チケット申し込みはこちらから。
アーティストフォーラムとは?(初めての方へ)

返信する

*
*
* (公開されません)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。