1stステージ3人目は、最もパワフル&エネルギッシュ!

9月1日(土)のアーティストフォーラムまであと7日!

1stステージ3人目は、毎年「一番エネルギーの強い人」
を持ってくるのがアーティストフォーラムの慣例になって
います。

何を以って「エネルギーが強い」というかは難しいですが、
料理で言うと、濃い味付けの肉料理のように、それだけで
お腹いっぱいになれるくらいの濃厚さ(笑)がある感じです。

背景の違う7人の出演者が揃えば、中にはものすごい
人生経験を持っている人もいます。

やっぱり大きな谷を経験してきた人は大きな山も持ってるし
大きな闇を経験してきた人が語る光はものすごく眩しいし、
苦しみや涙を知っている人の歓びや感動は深いと思うんです。

それを思う存分表現してもらう枠が、まさにこの1stステージ
3人目の枠です。

2014年のセシルは、「死」というものをテーマに曲を作りました。

『太陽の死に方』(セシル×安達充)

2015年の大田えりさんは、生き様が迫ってくるようなステージを魅せてくれました。

『勇気のバトン』(大田えり×安達充)

2016年のさわとんは、うつ病でマンションから飛び降りたこともある自身の体験を「叫び」ました。

『叫び』(さわとん×安達充)

2017年の阿部梨絵さんは、生まれ直しのプロセスを「出産」になぞらえて表現しました。

『トオトキイタミ』(阿部梨絵×安達充)

そして今年2018で1st3人目にステージに立つのは、
人生アトラクション部 女部長の榎本貴子さん。

彼女の人生も壮絶の一言。。。

個人セッションの1回目は、ずっと彼女の人生ストーリーを
聴くだけで終わってしまうくらい濃密でした。

==============================

◆榎本貴子(Takako Enomoto)
人生アトラクション部 女部長
 
目の前に起きることにいつも最大の選択をし、結果として
波乱万丈な人生。自己否定し続けた18年間の深海魚を経て、
魂が覚醒する。さあ、心解き放とう!女神の時代へ。
今の私が在るのは過去の歩みがあったから。
人生アトラクション!!楽しんだもの勝ち☆今世、出逢って
くれた全ての方へありがとう。人生のテーマソング歌います!!

==============================

でも、彼女が届けたいのは「お涙ちょうだい」ではない。

そんな経験を「人生アトラクション」の一言で片づけて、
それよりも自分自身がこれからどのように生きていくかの宣言を
1曲の中にギュッと凝縮して伝えようとしています。

リハーサルの時は、タイトルを聴いただけでその“一致感”に
どよめきの声が上がったほどのパワフル&エネルギッシュな
彼女のテーマソング、ぜひライブで受け取ってください!!

アーティストフォーラム2018、9月1日(土)大田文化の森ホールにて開催決定!
チケット申し込みはこちらから。
アーティストフォーラムとは?(初めての方へ)

返信する

*
*
* (公開されません)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。