翌日から皆さんのテーマソングが頭の中にリフレインして止まりません(2017出演者 五十嵐香)

9/1、アーティストフォーラム2018を観に行きました🎵

音楽ジャンルやプロアマ問わず選ばれた出演者がステージに立つ
理由を語り、自らが作詞した(作曲は主催者の安達充さん)
「人生のテーマソング」を歌うライブ。

皆で半年間掛けて準備をし、その集大成をお披露目する日。

私としては自分が経験できない人生をシェアしてもらえる
とんでもなく大好きな場。そして心揺さぶられる場。

翌日から皆さんのテーマソングが頭の中にリフレインして
止まりません(笑) 心が何を感じたのか、何を受け取ったのか、
言語化することは難しいですが、揺さぶられた心が歌を
リフレインしながら新たな心になろうとしている最中です。

心の泉に一気に雨が降って、水がぐるぐるとしている、
そしてその雨を取り込んで新しい泉に変化している最中と
いう感じです。

いつその泉が落ち着くかはまだよくわからないのですが、
もうライブから1週間になりますので、このあたりで
記事を書いてみようと思います。

☆まっすんこと増田浩佑さん
OK出せないその気持ちに共鳴しまくり。

☆なおちゃんこと中島直子さん
ちっぽけと思っていた自分の中に見つけた大きな夢。

☆たかこさんこと榎本貴子さん
「私の生き方はこう」と言い切る強さ。

☆だいちゃんこと磯部大輔さん
ナイーブな領域を心屋ファミリーとして見事に表現。

☆まちこさんこと山口まち子さん
高校生からブレずに持ち続けた信念からの他者への愛。

☆シーラさんこと白峰優梨子さん
呼吸がどんどん深くなり、自分の源まで連れってって
くれるような歌。

私は20年程前、父の死をきっかけに私の中から出てきた「

「生まれたことが奇跡なら、赤ちゃんは奇跡のかたまり。
その奇跡のかたまりが経験すること感じることはすべて
奇跡。」という言葉を指針に生きてきました。

この日ステージで表現された喜び、悲しみ、苦しみ、
涙もまた、すべてを良いも悪いもなく「奇跡」として
捉えたいと思っています。

その人の人生を聴きそれに基づいた人生のテーマソングを
聴くことは、ある意味重い時もあります。

では、なぜ重いのか。

それはその人がその瞬間瞬間一生懸命生きていた、
その輝きの重さだと思います。

私も自分の人生を奇跡だと信じたいから、みんなの奇跡の
人生を聴きたいのです。私が聴くことであなたの何かに
貢献できるなら、この上ない幸せです。

主催者の安達さんも、また一つ奇跡の歌を作りました。
今年のテーマ合唱曲「Great Little Step」です。

毎年、出演者の想いをまとめた歌を安達さんが作ります。
歌詞だけですがシェアさせて頂きます。

アーティストフォーラムのキャッチフレーズは
「称賛されるべき人生に拍手を‼️」

そして、今年のテーマ合唱曲は「その踏み出す一歩に
拍手を‼️」というところでしょうか。

~ Great Little Step ~

作詞・作曲/安達充

心が喜ぶことがある
心が震えることがある
誰かに言われたからじゃなく
自分で感じた それがサイン

一滴(ひとしずく)の水が
水面へ落ちたその瞬間(とき)から
螺旋状(らせんじょう)に 広がって
やがてすべてを巻き込むほどの渦になってゆく
その始まりは 今日かも知れないから…

この世に生まれた理由(わけ)を 生きてる意味を
強く 強く 思い出すことさ
今とは違う未来を 迎えにゆこう
誰も 何も 怖れなくていい

一歩踏み出すことから
世界を変えられるとするなら
なんて 素晴らしい!

一人で頑張るわけじゃない
皆の力を借りるのさ
今目の前にいる人が
きっと扉を開くサイン

一匹の蝶が 空を羽ばたいたその波動が
螺旋状(らせんじょう)に 伝わって
やがて地球の裏で大きな竜巻を起こす
そうすべては 交わり合ってるから…

どんな小さな一歩も 無力じゃないと
強く 強く 信じ続けよう
予想以上の未来は この手の中に
誰も 何も 阻むものはない
たった一人の想いが
世界を変えてゆくとするなら
なんて 美しい!

大空を彩る 虹の橋は
脈絡もなく 現れるもの
心の中で描く景色が
一瞬でカタチになるから…

この世に生まれた理由(わけ)を 生きてる意味を
強く 強く 信じ続けよう
いつかこの世を去る時も 笑えるように
すべて すべて 出し尽してゆこう
たった一人の一歩で
世界を変えられるとするなら
なんて 誇らしい!


 

そんな五十嵐香さんの直近のイベントはこちら。

☆癒しの真琴ヒーリング☆

ピンと来た方は是非足を運んでみてください!

なお、2017に披露した彼女のテーマソングはこの曲です。

返信する

*
*
* (公開されません)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。