ライブレポート⑦~4人目 磯部 大輔さん(テーマカラー・オレンジ)~

4人目 磯部 大輔さん(テーマカラー・オレンジ)

第二部の最初のアーティストは、オレンジ色の服を羽織った男性・磯部さんです。

登場してまず歌ったのは、auのCMソングとしておなじみ、浦島太郎の『海の声』

これが、とても良かった!

浦島太郎(桐谷健太)の声もいいですが、磯部さんの声も非常に心地よくて、プロのアーティストの歌を聴いているように、酔いしれました。

でも、それもそのはず。
磯部さんは、小学校の頃から20年ほど音楽活動をしてきた「ベテラン」なのだそうです。

そして、今はカウンセラーとして活動されているということで、声も癒しの声なのかもしれません!

ただそんな磯部さんですが、20年続けていた音楽と距離を置いた時期もあったそうです。

それは、心屋仁之助さんの心理学に出会い、自らもカウンセリングを勉強するなかで、

「自分が音楽をやっているのは、子供の頃に離婚してしまって会えなくなった父親が音楽を好きだったからではないか。

父親がいなくなって悲しむ母親をどうにか支えたいという想いから、父親のようになろう、なろうとした結果、始めたものだったのではないか」

と気づいてしまったからでした。

でも、磯部さんはしばらく音楽と離れたあと、「今度は、父親のようになるためではなく、自分らしくあるために、もう一度音楽をやりたい」と思います。そして、今回の舞台に立った、という話でした。

その後披露された人生のテーマソング。

その歌は、ただまっすぐな両親への愛でした。

「あなたを笑顔にできるなら
耐えることすら愛だった」

「ずっとあなたを笑顔にしたくて
いつもあなたの笑顔が見たくて」

「あなたが帰ってきてくれるなら
その想いが愛だった」

「音楽好きだったね
あなたへの愛を歌うよ」

歌のあと、「本当はそんなきれいごとばかりじゃなくて、親のせいにしたり、人のせいにしたりして、生きてきた」という告白もありましたが、その告白も含めて、磯部さんのピュアな心に、ものすごく衝撃を受けた舞台でした。

続く

次は、ライブレポート⑧~5人目 山口 まち子さん(テーマカラー・藍)~

文:遊部香さん
写真:真島由佳里さん

返信する

*
*
* (公開されません)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。