僕を救ってくれた、音楽という手段

今年、久しぶりに半年間の連続講座に通っていました。

それがひすいこたろうさんの『ひすいラボ』。

アーティストフォーラムをずっとサポートしてくれた
ドリプラジオの辰島佳寿美さん主催ということで、
「どんな講座なのかな…」程度の気持ちで告知文を読みに
いったら、何か直感がはたらき、気づけば参加ボタンを
押していました。

半年間のゴールは「マイ・ソウル」を800字でまとめること。

「マイ・ソウル」というのは、自分の人生のマイストーリーを
表現した上で、これからどんな面白い未来を迎えに行きたい
のかのマイプランを描くというもの。

取り組みながら、

「あ、これ、アーティストフォーラムでいつも
僕が皆にやっていることとほぼ一緒だ…」

と感じていました。

人生のテーマソングを本人が作詞して、それに安達が曲を
つけて、大勢の前で披露するのがアーティストフォーラム。

だとすると、マイソウルもそのまま歌になるんじゃないか。

そんな話から広がっていって、最終回の合宿では、
マイソウルを歌にしたり、読み上げる際の即興伴奏をしたり、
いろいろと貴重な経験をさせてもらいました。

自分のマイソウルを作れたことはもちろんのこと、
未来の創り方、時空の捉え方を学べたり、そして大切な
仲間たちと、いろいろなギフトを得られた半年間でした。

※今年のアーティストフォーラムのテーマソング
『Great Little Step』の歌詞にはここでの学びも一部
入っています。

この場を借りて安達のマイソウル、紹介したいと思います。

==============================

【僕を救ってくれた、音楽という手段】

人生のどん底は25歳、借金330万を返すために工場で
働いていた時。僕を救ってくれたのは、あんなに嫌いだった
音楽と、顔も知らない一人の女の子だった。

小学生の頃、一週間で一番嫌いなのがピアノ教室の時間だった。
「楽譜の通りに正しく弾きなさい」と言われ、間違えれば
叱られる。練習嫌いだから何年やっても上達しない。

音楽は窮屈なものでしかなかった。

中学2年生の時、初恋の女の子に「歌でなら想いを伝えられる
かも」と、思春期パワーで作詞作曲を習得し、曲を贈る。

結果は残念だったけれど、音楽の力で自分の想いを出せたこと
が自信となった。

趣味として音楽を続けるために、サラリーマンに。離職率
ナンバーワンの部署に配属され急性胃腸炎で2回倒れ、
「ここから抜け出したい!」と先輩と起業。

でも他人まかせで臨んだ会社経営は半年も続かず、
残ったのは借金だけだった。

そんな時、リストカットをする中学3年生のゆなちゃんの
ブログと出会う。文章から伝わってくる、純粋ゆえに
傷つく姿が他人事と思えず、曲を贈る。

「曲ありがとうございます。すごく嬉しかった。
泣いちゃったけど…。安達さんの曲、大好きです」

翌日から明るく変わったブログに、音楽は無名の自分でも
誰かを救える手段だと知った。

音楽それ自体からは、あんなに逃げ出したかったのに、
人生の節目ではいつも音楽を使っていた。

そうか。僕がやりたいことは音楽じゃなくて、音楽と
いう手段で人を自由にすることだったんだ。

やがてそれが仕事となり、活動は広がっていった。

一人の想いを歌で代弁する『ソングレター®』、
一人一人が人生のテーマソングを歌う『アーティスト
フォーラム』、カラオケで本来の声を取り戻す
『ちょいガチ®カラオケ部』。

音楽は手段だから、方法はなんだっていい。

まだ世に知られていない音楽の可能性を届けるために、
僕は生きていく。

伝えたいのは「音楽“を”もっと自由に」ではなく
「音楽“で”もっと自由に」。

==============================

そしてやっぱり、このマイソウルが歌になったものが、
毎年アーティストフォーラムの冒頭で歌う僕のテーマソング
『流れるままに』に他ならないと思っています。

是非、上記のマイソウルを読んでいただいた上で、改めて
この曲を聴いていただけたら幸いです。

返信する

*
*
* (公開されません)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。