2016( 2 )

Category
曲は子ども、ライブは結婚式

曲は子ども、ライブは結婚式

28日(金)~29日(土)はアーティストフォーラム2017のバンドリハーサルの日でした。   半年間のプログラムの中で、本番を除けば最も楽しみなのがこの瞬間。   バンドの手によって、各アーティストと作ってきた「人生のテーマソング」に命が吹き込まれる瞬間は何度体験しても震えるくらい感動します^ ^   (初年度の時、興...
72 PV
『Because I can sing !』(安達充×アーティストフォーラム)

『Because I can sing !』(安達充×アーティストフォーラム)

昨年のアーティストフォーラムのライブタイトルにもなった ラストソング『Because I can sing !』。 日本語訳すれば、「なぜなら、私は歌えるから」という感じでしょうか。 (英語の文法上は多少問題がありますが、あえてこのタイトルを採用しています)   元々、昨年のアーティストフォーラムを始める前になんとなく...
53 PV
人生が見える瞬間は、美しい

人生が見える瞬間は、美しい

8日(土)は、9月9日(土)に開催するアーティストフォーラム2017の「テーマソング披露」の日でした。   出演者が、それぞれの「人生のテーマソング」を披露するこのライブ。   本番2か月前のこのタイミングで作曲を完成させ、メンバー間で披露するのが恒例になっています。     笑いあり、涙あり、ノリノリあり、トリハダあ...
59 PV
『ありがとう』(磯敏則×安達充)

『ありがとう』(磯敏則×安達充)

アーティストフォーラム2016、2ndステージの冒頭に出演した、 ゴスペルシンガー磯敏則さんのテーマソングとして作曲したのが 『ありがとう』です。 実は、磯さんのオリジナルソングを作曲するのはこの『ありがとう』が2曲目。 1曲目は、『あしあと』という曲なのですが、こちらは2014年に開催した 第1回目の「ちょいガチ紅白...
54 PV
『希望の虹』(小澤綾子×安達充)

『希望の虹』(小澤綾子×安達充)

アーティストフォーラム2016、2ndステージのラストに出演した、 生きる希望を語り歌うシンガー小澤綾子さん。 彼女のテーマソングとして作曲したのが、『希望の虹』です。   綾ちゃんとの出会いは、2015年8月9日)に開催された、彼女のCD 『嬉し涙が止まらない』発売記念のコンサートでした。 彼女の経歴と、ラ...
49 PV
『ヵ サ ┐″ 勺』(MiU×安達充)

『ヵ サ ┐″ 勺』(MiU×安達充)

 12月3日(土)に開催されたアーティストフォーラム2016。  1stステージの2人目に出演した、シンガーソングライターMiUさん。  その前に登壇した、アスリート系炎のシンガー田中愼一郎さんの  「赤色のステージ」から一転、「青色のステージ」を展開してくれました。    彼女の曲のテーマは、  「忘れたく...
65 PV
『叫び』(さわとん×安達充)

『叫び』(さわとん×安達充)

 12月3日(土)に開催されたアーティストフォーラム2016。  1stステージのトリを飾ったのは、自分の素を輝かせる  命のアーティスト、さわとん。  人生のテーマソングのタイトルを『叫び』と決め、そのイメージを  膨らませるためだけにバリ島にまで行って、作品を完成させています。    「皆さんは、叫びたい...
55 PV
『Running My Life』(田中愼一郎×安達充)

『Running My Life』(田中愼一郎×安達充)

 12月3日(土)に開催されたアーティストフォーラム2016。  トップバッターとしてステージに立った“旦那”こと  田中愼一郎さんは、それまで音楽歴はまったくのゼロ、  歌を歌うといえば近所のスナックでカラオケを歌うくらいでした。  それが、あるきっかけで安達と出会い、「ちょいガチ・カラオケ部」で  歌に目覚め、「ち...
56 PV
『いのちの蕾』(弥生×安達充)

『いのちの蕾』(弥生×安達充)

 「私は『表現することは、生きること』だと思っています」  それが、ステージに立つ理由を語った時の彼女の第一声。  アーティストフォーラム2016、2ndステージに出演してくれた“表現者”弥生さんの  言葉の中でも、特に印象に残っているフレーズです。    膠原病を抱えながらも、「ベッドの上より舞台の上」と、...
79 PV
『Because I can sing !』歌詞

『Because I can sing !』歌詞

今週は一人一人のアーティストのテーマソングの歌詞をご紹介しています。 ラストは、全員で合唱したアーティストフォーラム2016のテーマソング 『Because I can sing !』です。 ~Because I can sing !~ 作詞・作曲/安達充 FuFu…FuFu…FuFu… FuFu…FuFu…FuFu…...
61 PV